LemonKaju.net
右の絵はBitakyさんが描いてくださいました!

Minecraft マルチサーバーを立てる

とりあえずマルチサーバーを立てたい、未経験な人向けの説明です。

より詳しい情報が欲しい人は、
サーバー | Minecraft Japan Wiki
マインクラフトでマルチサーバーを立てよう! | Think IT
がおすすめです。


はじめに

Windowsで説明しますが、読む前に確認してね。

マルチサーバーを立てれると思われる例

不安な例


マルチサーバーを起動してみよう

Javaのバージョンが古い場合は更新をしよう。
x64Windowsを使ってる場合は、x64版Javaを忘れずに。
Java JavaSE

ダウンロードと保存

Minecraft.netダウンロードページにあるMinecraft サーバーリンクから、
「minecraft_server.(バージョン番号).jar」をダウンロードします。

新しいフォルダーを作って、その中に保存してね。

起動準備

初めてサーバーを起動すると、いくつかファイルが生成され、すぐに終了されます。

「eula.txt」を開きます。
Minecraft EULAに同意する場合は、
eula=false」となっている部分を「eula=true」にして、上書き保存します。

すると起動出来るようになり、ワールドデータなどが生成されます。
もしファイヤーウォールのメッセージが出たら、名前が「Java」である事を確認して、許可(ブロックを解除)してください。

アドレス「localhost」で、自分自身のPCに接続することが出来ます。

注意

サーバーを止める時は、必ず「stop」で止めてね。

「×」ボタンなどで突然止めると、セーブ出来ない事があります。


他人がマルチサーバーに参加出来るようにする

サーバーが止まっている状態にします。

「server.properties」をメモ帳で開く

サーバーリストで表示される名前

motd=A Minecraft Server となっている部分を
motd=Lemon Server のように好きな名前に変更出来ます。

初期スポーン位置を保護する半径

spawn-protection=16 値は0から16の間で設定出来ます。

ホワイトリスト

white-list=false となっている部分を
white-list=true にするとホワイトリストがONになります。
ホワイトリストは、サーバーのコンソール画面かコマンドで操作出来ます。
追加 whitelist add マイクラのID
除名 whitelist remove マイクラのID
一覧を表示 whitelist list

ポート開放

使ってるルーターがUPnPに対応してると、簡単にポートを開ける事が出来ます。

今回は、梅と葡萄と林檎園さんの「UPnPCJ」を使います。

ダウンロードしたZIPの中身を取り出したら、右クリックして「管理者として実行」してインストールします。

「UPnPCJ (手動開放)」を実行します。

Minecraftの標準ポートは、TCPの「25565」です。
もしファイヤーウォールのメッセージが出たら、名前が「UPnPCJ」である事を確認して、許可(ブロックを解除)してください。

開放するとデスクトップに「ポート開放(25565T)」「ポート閉鎖(25565T)」のようなショートカットアイコンが増えます。
今後はこのショートカットアイコンを起動するだけで開放と閉鎖を行えます。

ウイルス対策などでセキュリティソフトを使ってる場合は、
そちらのファイヤーウォール設定で、TCPの25565が許可されているかも確認してね。

自分のグローバルIPアドレスを確認する

アクセス情報 | CMANで確認出来ます。
誘いたい人に、自分のグローバルIPアドレスを教えてね。

ONUやルーターの電源を付け直したり、PPPoE認証し直しによって、
グローバルIPアドレスが変わる回線があるので、その時は再確認しよう。

おわり。


れもん果汁.net